e-blog

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国で暮らす女の記録

AAT

昨日のBlogで書いた資格試験について。正確に言うと資格試験じゃなくて

検定試験です。

 

英国のAAT(The Association of Accounting Technicians)という組織が

行っている会計検定試験があります。

日本の簿記検定に毛が生えたようなもの(というのが私の認識)で

難易度が易しいものから順にLevel2、Level3、Level4と3つのレベルが

あります。

私はこのうちのLevel2の勉強から始めることにしました。

 

ところで、私、一応商業高校出身なのですが、部活にのめり込み過ぎて

商業系の勉強を疎かにしてとうとう検定を何一つ合格することなく卒業し、

(大学は全く別分野を専攻)

就職してのち10年以上数社で経理関連の仕事をしつつも、

検定を取ることもなく今に至るのです。

今持っている経理の知識はほとんどが業務上で身に着けたものばかり。

常々、自分の知識があやふやだと感じていました。

 

で、AATですが、自分がイギリスの会社で経理事務をやる以上最低限は取得しておく

べきCertificationだろう、というのが自分が勉強を始めるに至った動機です。

 

AATを終了した人が次に目指すステップとしては勅許会計士なのですが、

私は今のところ、そこまで進むことはまだ考えていません。

再来年までにLevel4まで取得するというのが今の目標です。